350万を完済したアラサー女の借金解決BLOG

リボ地獄の350万円を完済し、悔しさをバネにお金のことを猛勉強。現在はお金のプロとして活躍中。

MENU
債務整理とは?
給料ファクタリングはやめたほうが良い
給料ファクタリングは違法?

給料ファクタリングリプレイスファクターは闇金で危険?

給料ファクタリングというサービスが2019年頃から注目されるようになりましたが、実はこのサービスは大変危険であることをご存知ですか?

 

何も知らずに利用してしまうと、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

給料ファクタリング「リプレイスファクター」も、危険度が高いので、利用を検討している方は注意が必要です。

 

なぜ給料ファクタリングが危険と言われるのか、今回はその理由を詳しく解説していきます。

 

 

 

給料ファクタリングリプレイスファクターとは?

f:id:shakkin_blog:20200729063529j:plain

 

リプレイスファクターとは、交通費・通信費・その他経費を即日現金化してくれるサービスです。

 

ただし、誰でも利用できるというわけではありません。

 

審査に通過した人のみが、現金化することができます。

 

リプレイスファクターの運営会社

リプレイスファクターを運営しているのは、東京都中野区に住所のある「株式会社FOUR VALLEYS」です。

 

会社名で検索しても、悪い噂も良い噂もなく、会社のホームページも見当たりません。

 

ひょっとしたら新設法人かもしれないですね。

 

給料ファクタリングリプレイスファクターの利用方法

f:id:shakkin_blog:20200729055950j:plain

①申し込み

リプレイスファクターのホームページにある申し込みフォームに、名前、住所などの必要事項を記入して、申し込みます。

 

②必要書類の提出

以下の必要書類を提出します。

 

・顔写真付きの身分証明書(運転免許証等)

・健康保険証

・領収書または経費精算書

・直近2カ月分の給料明細

・直近2カ月分の給料振込が確認できる銀行口座の入出金履歴

・ IDセルフィ―(顔の近くで身分証明書を持って撮影した写真)

 

③ 審査

必要書類の提出が終わると、簡単な審査が行われます。

 

審査といっても、信用情報を見られることはないため、ブラックの人でも審査に通過することは可能です。

 

審査にかかる時間は、最短5分です。

 

④ 契約

審査を通過すると、メールで電子契約書が送られてきます。

 

メールに記載されたURLをクリックし、必要事項に署名をして返信します。

 

⑤ 経費の現金化

手数料を差し引かれた金額が、指定した口座に振り込まれます。

 

振込にかかる時間は最短15分です。

 

⑥ 支払い

返済日に支払いをします。

 

返済日の前日になると、LINEで連絡がくるようです。

 

給料ファクタリングリプレイスファクターが人気を集める理由

f:id:shakkin_blog:20200719081411j:plain

即日現金化が可能

リプレイスファクターは最短15分で現金化が完了します。

 

ただ実際は、現金化まで1時間くらいかかることが多いようです。

 

土日祝日も夜8時まで営業

リプレイスファクターは曜日に関係なく営業しているため、休日に金欠で困ったときも、すぐに現金化することが可能です。

 

在籍確認なし

リプレイスファクターでは、2者間取引契約を結んでいるため、審査する際に在籍確認を行いません。

 

そのため、勤務先に知られずに現金化することができます。

 

在籍確認がないので、審査も非常にスピーディーです。

 

ただし、申し込み時点で虚偽の申告をしたと疑われた場合、在籍確認をすることがあるようです。

 

金融ブラックでもOK

給料ファクタリングの魅力は、なんといっても、ブラックでも利用できる点でしょう。

 

過去にクレジットカードやカードローンで延滞などの事故を起こした人でも、問題なく利用することができます。

 

キャッシングやカードローンの審査に落ち続けている人でも、リプレイスファクターなら審査に通過することは可能です。

 

リプレイスファクターは融資ではないので、借入履歴も残りません。

 

給料ファクタリングリプレイスファクターは闇金で危険?

f:id:shakkin_blog:20200818143904j:plain

「給料ファクタリングって便利そう」

「ブラックなのに現金化できるのは嬉しい」

 

と思って安易にリプレイスファクターを利用するのは危険です。

 

闇金並みに手数料が高い

給料ファクタリングが問題視されている最大の原因は、手数料の高さにあります。

 

1回の現金化で30〜40%の手数料を取られるのは、通常のキャッシングやカードローンではありえないですよね。

 

リプレイスファクターのホームページには「手数料は20%〜」と記載されていますが、実際は20%の手数料で現金化できるわけではありません。

 

ホームページには記載されていませんが、リプレイスファクターには2つのコースがあり、それぞれ手数料が異なります。

 

【35,000円コース】

・経費精算額35,000円

・17,000円で買い取り

・手数料は約48%

 

【50,000円コース】

・経費精算額50,000円

・30,000円で買い取り

・手数料は約40%

 

約40%と約48%という手数料は、出資法や利息制限法で定められた金利より、はるかに高く違法です。

 

ホームページには「手数料は20%〜」と記載されていますが、手数料20%で利用できる人は実際にはいないのです。

 

ホームページに記載されていることと異なるサービスを提供している時点で、すでに悪質だといえます。

 

給料ファクタリングは新たな闇金/h4>

給料ファクタリングの手数料は、どこも30〜40%程度となっています。

 

これまで給料ファクタリングは貸金業ではなかったため、高い手数料を設定しても違法扱いになることはありませんでした。

 

しかし、今後給料ファクタリングが貸金業として正式に認められれば、高い手数料の設定は違法になる可能性があります。

 

すでに、給料ファクタリングで被害に遭った人は数多く、金融庁給料ファクタリングが新たなヤミ金であることを発表しています。

 

闇金である可能性が高い

20%を超える法外な利息を求める業者は、はっきり言って闇金です。

 

一見まともなサービスのように見えても、返済を怠ったときにどのような取り立てが行われるのか、わかりません。

 

リプレイスファクターは金利(高手数料)の金貸しみたいなものなので、利用するのは控えたほうが無難です。

 

給料ファクタリングはすでに下火状態

f:id:shakkin_blog:20200530080953j:plain

給料ファクタリングに逮捕者が出た

2020年7月29日、大阪府警貸金業法違反(無登録営業)の疑いで、給与ファクタリング会社の社員を逮捕しました。

 

警察が給与ファクタリングを貸金業とみなして摘発するのは、日本で初めてのことです。

 

警察が給料ファクタリングの逮捕に乗り出した以上、今後も引き続きサービスを続けていくのは困難でしょう。

 

廃業する給料ファクタリング会社が続出している

警察が逮捕に乗り出す以前から、廃業する給料ファクタリング会社が増えています。

 

これまで給料ファクタリングは貸金業法や利息制限法などの法律の適用外となっていたため、高額な手数料を設定しても刑事処罰の対象とならず、野放し状態となっていました。

 

しかし、2020年3月に金融庁が給料ファクタリングが貸金業にあたる注意喚起をして以降、廃業する業者が急激に増えています。

 

貸金業をするには、貸金業の免許を取らなければならず、金利も法定金利の20%程度を守る必要があります。

 

これまでのように法外な手数料を取ることができなくなれば、給料ファクタリング会社にとって儲けも格段と減ります。

 

もし高い手数料のまま運営を続ければ、違法営業したと判断され、刑事処罰の対象となります。

 

そのため、廃業する業者が急増したわけです。

 

リプレイスファクターは今後廃業する可能性が高い

給料ファクタリングがやりにくくなった現在、リプレイスファクターが廃業するのも時間の問題だといえます。

 

ある日突然、ホームページが削除され、サービスが使えなくなるかもしれません。

 

金融庁から注意が出され、給料ファクタリング自体が下火になっている今、給料ファクタリングをあえて利用する必要ないでしょう。

 

給料ファクタリングの後釜サービスが登場している

廃業した給料ファクタリングは、後払い・ツケ払いサービスという新しいサービスを開始しています。

 

サービスの名称と中身は変わりましたが、やっていることは給料ファクタリングと何ら変わりません。

 

どのサービスも手数料が高いため、一度利用してしまうと、自転車操業に陥る可能性があります。

 

給料ファクタリングと同様に、後払い・ツケ払いサービスを利用するのは避けましょう。

 

給料ファクタリングを利用するとどうなる?

f:id:shakkin_blog:20200818143925j:plain

給料ファクタリングがダメだとわかっていても、お金がないときは、どうしても利用したくなるかもしれません。

 

しかし、いくら金欠でも給料ファクタリングは利用すべきではありません。

 

「一度利用するだけなら大丈夫だろう」

 

と思って利用してしまうと、痛い目にあいます!

 

個人情報が闇金業者間に流通する

給料ファクタリングに申し込むと、個人情報が闇金業者間に出回る可能性があります。

 

今後、給料ファクタリングというサービス自体がなくなったとしても、一度ヤミ金に出回ってしまった情報を取り戻すのは困難です。

 

給料ファクタリングを利用した人の多くは、ヤミ金を利用したという認識がないため、自分の知らない間に被害が拡大している可能性があります。

 

闇金から頻繁に融資勧誘が来るようになる

「給料ファクタリングを申し込んだ後に、融資勧誘が頻繁にくるようになった」

 

という声を多数聞きます。

 

いわゆる090金融と言われるもので、ヤミ金と思われる電話番号から融資案内が来るようになります。

 

もし、090から始まる電話番号からショートメールなどで融資案内がきた場合、自分の個人情報が闇金に出回ってしまっている可能性大です。

 

架空請求が多数入るようになる

個人情報が違法業者の手に渡ってしまうと、架空請求も多数入るようになります。

 

架空請求とは、実際には存在しない借金を業者が作り出し、相手に支払いを求める行為です。

 

多数の借金を抱えている人は、架空請求だと気づかず、実在しない借金を返済してしまう可能性があるので要注意です。

 

給料ファクタリングを利用してしまった場合の対処法

f:id:shakkin_blog:20200719075706j:plain

 

給料ファクタリングが闇金だと知らずに利用してしまった方も多いと思います。

 

給料ファクタリングを利用してしまった場合、トラブルに巻き込まれた場合の対処法をご紹介します。

 

怪しい電話やメールはすべて無視・拒否する

給料ファクタリングを利用したあとに、身に覚えのない番号から融資の案内や架空請求が入るようになったら、返信などはせず、すべて拒否しましょう。

 

着信拒否や迷惑メールなどの設定をして、連絡が入ってこないようにブロックしましょう。

 

連絡にこたえてしまうと、さらに融資や請求が激しくなるので注意が必要です。

 

お金を振り込まない

架空請求が来ても、お金を振り込む必要はありません。

 

一度振り込んでしまうと、闇金のカモにされ、何度も架空請求が来るようになります。

 

闇金に強い専門家に相談する

給料ファクタリングによるトラブルは、弁護士や司法書士に相談して解決してもらうことができます。

 

闇金からの取り立ても、専門家に相談したその日のうちにストップさせることが可能です。

 

着手金は後払いや分割払いも可能なので、手元にお金がない人もまずは相談してみましょう。

 

過払い金請求をする

2020年に入ってから給料ファクタリングを取り巻く状況が大きく変わりつつあります。

 

今後は、給料ファクタリング会社に支払った過払い金請求が認められるかもしれません。

 

過払い金が手元に戻ってくれば、経済状況も好転し、借金が解決できるケースもあります。

 

過去に給料ファクタリングを利用したことがある人は、一度専門家に相談してみましょう。

 

まとめ:給料ファクタリングの利用はやめよう

f:id:shakkin_blog:20200601234724j:plain

 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、生活が困窮した人にとって、給料ファクタリングは魅力的に見えるかもしれません。

 

「新型コロナの影響で仕事がなくなった」

「ブラックでも借りられるところを探した」

 

といった理由で、給料ファクタリングを利用する人は増えています。

 

ただ実際に給料ファクタリングを利用したところで、借金を整理できた人は一人もいません!

 

むしろ、生活がどんどん悪化するだけです。

 

もし、お金に困っているなら、まずは弁護士や司法書士に相談してください。

 

無料で相談することも可能なので、専門家から適切なアドバイスを得ましょう。

 

給料ファクタリングに精通しているb弁護士や司法書士であれば、問題解決がスムーズになります。

 

 

 

闇金の無料相談は「平栁司法書士事務所」がオススメ!

f:id:shakkin_blog:20201124182929g:plain